忍者レフ板

例えば、ガラス越しや写り込みのある物を撮影する時


普通に撮るとこんな風に自分や背景の何かが写ってしまいます。



でも、この「忍者レフ板」を使うと.... 



写り込みが消えてしまいます!あとから、画像処理をしなくてすみ
グラフィックデザイナーや商品撮りをするshopの方々にオススメです。

※撮影モチーフは、大人気「山田町掲示板」山田マチさんの作品


使い方は簡単。黒いレフ板をガラス面に向け、中央にある穴にカメラのレンズを差し込み
撮影するだけ。(レフ板中央の穴は直径8.2cm)




黒レフ

電車やバス、飛行機などの車窓越し撮影に最適です。また、ガラスの入った額や
パネルなどを複写するときに便利です。(飯田さんの作品もこのレフ板を使用し撮影しました。)
※レフ板の大きさ(直径50cm)により、写り込み防止の範囲が限られます。


白レフ

商品撮影や花等のマクロ撮影時のレフ板として、人物撮影のキャッチライト用レフ板としても使用でき
1つでいろいろな使い方ができます。


収納時


コンパクトサイズの直径20cmになり、専用のケースがついています。
軽いので持ち運びにも便利。






販売価格 4,800円(税込5,184円)