原画「手作りの葡萄ジュース」 [篠塚朋子]

2021年3月に西荻窪・HATABOにて開催したイラストレーター篠塚朋子さんの個展「夢の中をあげる」で発表した同系色の様々な色が重なり合う水彩作品。優しい色合いと色の重なりに見入ってしまいますね。

自宅にいる時間が多くなっているこの時期に好きなアートを飾って、暮らしを楽しんでみては?













<作家篠塚さんより_作品解説>
母の実家は葡萄農家でした。
8月生まれの妹も、9月生まれの私も葡萄の収穫の手伝い兼里帰り出産で、岡山で生まれました。
子供の頃の夏休みは収穫の手伝いで長めに帰省していて
その時にいつも祖母が用意してくれたのは出荷できない葡萄のくずで作った葡萄ジュース。
葡萄をあんなにふんだんに使ったジュースをまた飲みたいというのも、私の夢のひとつ。


額サイズ:W39 x H30 x D2cm
画材:水彩絵の具

篠塚朋子の商品はこちら。



<篠塚 朋子>
広告・雑誌・書籍・WEB・映像など様々な媒体での活動の他、個展やセレクトショップ・マーケットイベントでのオリジナルグッズの販売、日常の中で気になるテーマを編集したzine制作など。日々の暮らしの中に寄り添うイラストを描くことを大切にし、風通しの良い線と色使い、心がワクワクするようなイラストを目指し制作している。
www.shinozukatomoko.com
販売価格 36,000円(税込39,600円)

SPECIAL

BLOG